看護師免許の更新に関する注意点

看護師の免許を所得をし、看護師として働いている方は、次のようなポイントに注意しておきましょう。 まず、結婚をしたら氏名変更手続きをしなければならないということです。 これはうっかり忘れてしまう方も多いようなので注意しておきたいですね。

結婚をした時だけでなく、離婚によって姓名が変わる場合にもしっかり書き換えを行わなければならないのです。

書き換えはすぐに完了するというものではなく、3ヶ月もかかってしまいます。 このため、必要書類などは余裕を持って準備しておいた方が良いですね。

姓名だけでなく、本籍地都道府県が変更になった場合も手続きをしなければなりません。 これは、変更後30日以内が制限となっているので忘れないようにしましょう。

現在看護師として働いている方は、勤務地の管轄である保険所か住所地の管轄のある保健所で申請を行います。 仕事をしていない方は住所地の管轄にある保健所で手続きを行う形になるので確認しておいてくださいね。

手続きに必要なものは各保健所に配備されている申請用紙、看護師免許証、6ヶ月以内の戸籍抄本か抄本1部、シャチハタ以外の印鑑です。

看護師免許証はコピー不可となっているので注意しましょう。

1件の変更につき収入印紙1,000円の手数料がかかります。

手続きとして、他には看護師免許を紛失したり、壊してしまった場合の再発行手続きも保健所で可能です。

必要なものは各保健所に配備されている申請用紙、本籍が記載されている発行から6ヶ月以内の住民票、シャチハタ以外の印鑑、転免許証や保険証などの本人確認書類、切手、免許証が破損した場合はそれを持って行きます。

手数料として、収入印紙3,100円分がかかるので注意しておきましょう。

なお、保健所で収入印紙を取り扱っていない場合は、自分で購入していかなければなりません。

看護師免許を破損したり、紛失してしまった場合には速やかに再発行を行いましょう。 ブランク中などだと後でやろうと思って忘れてしまうこともあるかもしれないので、注意が必要です。

ページの先頭へ